2006年02月02日

人飯?犬飯?

食ぃ過ぎだろぅに…と横目で見るママ
syoku4.jpg
しかし体重向上しなぃおぃち
全然食べてなぃのにジーパンが苦しくなってるママ・汗
ママへのあてつけだろぅか
syoku2.jpg
そんなに身軽か?

以前から目に止まってぃたパパイアさん
ようやく本日我が家にお目見え
syoku3.jpg
おぃちご飯の食材になるまで
もぅ少しパパイアさんお休み〜


昔 犬飯は人間の残り物だったはず…
と頭の中で何度も囁くママ
syoku1.jpg
しかし…何故かこぅなる
syoku5.jpg
肉の鮮度が落ちる!
賞味期限切れちゃうから食べるぞぃ!とか…ね・汗


パパイア いつ頃おぃしく食べれるかな?
ね?おぃち…

ペン1000g〜1030g すこぶる健康体



パパイアの果汁を濃縮して得られる。エキス中にはパパインに代表されるタンパク分解酵素のほか、脂肪やデンプン質に対する分解能を示す要素も認められる。

 パパイアエキスは、欧米では分解能を利用し消化剤として使われてきた。また食品用として肉の軟化やハムの製造に利用され、またビールの清涼剤としても使われている。

 薬用目的には化粧品や入浴剤に添加されてきたが、アトピー性皮膚炎にも外用剤として使われるようになり、パパイア原産地で利用されるように傷や火傷、虫刺されのほか、皮膚の障害やトラブルに広く応用できることがわかってきた。フィリピンでは、イボやウオノメの治療にパパイアの果汁が利用されており、わが国で製造されたものにももちろんその作用があるほか、水イボなどにも有効なことが確かめられている。

 アトピー性皮膚炎に対して治療効果のあることは、パパイアエキス製剤の内服によっても確かめられ、これと同一原因によるとされる気管支喘息や花粉症などのアレルギー性疾患にも高い有効性があることが実証されている。

 また、脂肪に対する分解能があることから肥満や高脂血症に利用する道も開かれており、これらを原因とする疾患である動脈硬化や糖尿病、脂肪肝から慢性肝疾患に至るまで、さらには脳梗塞では即効的な改善が得られることも判明している。

            
【健康食品辞典記事より参照】


end

ニックネーム おぃちママ at 01:31 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
me33.jpg